友達の手
火事。






地球は、オレンジ夕焼け色。





鳥のボクは、足を怪我して飛べずにいた。





みんなみーんな、地球から避難。





炎は、大きくなるばかり。






大きくなって大きくなって、





大きくなるっ!






ボクの世界は、今オレンジから、リンゴ色。





息がっ苦しい・・・・・・、






黄色い手が、ボクの足を引っ張った!





炎を忘れないように握った!



走った!走った!走った!走った!走った!走った!



ボクは、地球を抜け出せた!





「炎さん!君も、生きてるんだ!何か生きる方法があるはずだっ!」





  

炎はボクを抱きしめた。




ボクを抱きしめて、ボクを焦がして消えた・・・・・・。




「あ、りがっと・・・・・・」




そう、言い残して。





ボクの体がメリメリ!

といった!






次の瞬間っ!




ボクの中から、花束が出てきたっ!




ボクは、花束になった。






「ありがとう」






さっきの夕焼けの声がした!





黄色い手がまた、やって来て、ボクの花束を握ってくれた。




「友達・・・・・・。出会ったらみんな・・・・・・!」





黄色い手は、ボクに巻き付いて黄色いリボンになった。








友達。






おわり🤝






< 1 / 1 >

ひとこと感想を投票しよう!

あなたはこの作品を・・・

と評価しました。
すべての感想数:0

この作品の感想を3つまで選択できます。

この作家の他の作品

しがさ日記

総文字数/183,033

ノンフィクション・実話191ページ

音

総文字数/968

絵本・童話6ページ

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

この作品をシェア

pagetop