私が一番近かったのに…

1章:ずっと一緒だと思っていた…

春…。桜が満開に咲き、パラパラと散り始める頃。
大学受験を終え、無事に志望校へと合格し、晴れて華の大学生となった。
ずっと通いたいと憧れていた大学への進学が決まった。

高校入学時からずっと、「志望校を早く決めなさい」と先生達から言われ続け、正直、最初はあまり実感がなかった。
しかし、友達と何気なく足を運んだオープンキャンパスで心を奪われ、この大学が目指す目標へと変わり、それから毎日、必死に猛勉強をし、ついにその夢を叶えることができた…。
決して偏差値が高い難関大学…とまではいかないが、毎年人気で倍率も高い。
そんな大学に通うことになり、私は幸せ者だなと、暫くは余韻に浸っていた。

晴れて憧れの大学生になれたのだ。浮かれない方がおかしい。
周りの様子もそんな感じだった。最初は大学生活に慣れるため、私も周りと同じように振舞っていた。
それがとても居心地良く、楽しかった。ずっとこんな生活が続けばいいのに…なんて思っていた。

そんなふうに願っても、時間は待ってはくれず…。
月日が経てば徐々に大学生活にも慣れていき、心に少し余裕ができ始めた。
大学には様々な人間が通っている。中には地元から通う、実家暮らし組もいる。
だが、大半は地元から離れ、他県の大学へと通うため、一人暮らしをしている者が多い。私もそのうちの一人だった。
私はなんとか親の仕送りで生活をしていた。
大学生の一人暮らしということで、出来る限りの仕送りをしてもらえるが、もう高校生ではないので、アルバイトをして自分のお小遣いぐらいは稼ぎなさい…というのが、我が家のルールであった。

行きたい大学に通わせてもらっている身であるため、もちろんその条件には了承した。
親の仕送りがある分、まだマシな方だ。中には親から仕送りをしてもらえない人もいる。
とはいえども、やっぱり仕送りだけで生活していくのは厳しい。
自分が自由に使えるお金は限られている。大学生ともなると、付き合いが広くなり、サークルなどの集まりが多くなるため、出費が嵩む。
< 2 / 295 >

この作品をシェア

pagetop