ホウセンカ
窓際のハーデンベルキア
愛茉(えま)ちゃんかぁ。顔だけじゃなくて、名前も可愛いじゃん」

 当たり前でしょう。だって私は、可愛いって言われるために生まれてきたんだから。
 でも、そんな態度をしていたら印象が悪い。だからニッコリ笑ってこう答えるの。

「ありがとうございます。両親に感謝ですね」
 
 私が可愛いのは誰が見ても分かることだから、謙遜しても嫌味なだけ。こうして御礼を言うのが一番。そして親への感謝もセットにして、さらに好感度アップ。きっと、これが正解のはずよね。

 今日は大学生になって初めての合コン。女だらけの大学生活の中で、異性と出会う貴重なチャンスだから、下手な失敗は絶対にしない。
 だって私は、生まれ変わるんだから。そのために地元を離れて上京したんだもん。

「いやほんと、マジで可愛いね愛茉ちゃん。本当に彼氏いないの?」

 それにしても、この人は“可愛い”以外の言葉を知らないのかな。さっきからそればっかりで、正直うんざり。愛想笑いが引きつりそう。

「いませんよ~。好きな人には彼女がいたりしたから、今までなかなか縁がなくて。でも大学生になったら彼氏欲しいなぁって思って、オシャレとかいろいろ頑張ってみてるんです」
「大学デビューってやつ?でも高校の時も目立ってたんじゃないの~?」
「そんなことないですよ。メガネかけてたし、地味だったから……」
「メガネ姿も可愛かったんだろうなぁ。俺なら、ほっとかないのに」
 
 適度にピュアで、適度に積極的。きっと、このぐらいがちょうどいいはず。あざとすぎるのも嫌われるでしょ。

 合コン相手は有名私立大学の3年生だから、きっと自分が優位に立ちたい人たちだと思う。それで私は、少しだけバカなフリもしてみる。あまり露骨だといけないから、さりげなく。

 敵は作りたくないし、もちろん女子にも配慮はする。自分ばかりが目立たないように、それとなくみんなに話題を振って。出しゃばらず、調子に乗らず。あちこちに神経を使うのは、少し疲れるけどね。

 今日の合コンは4対4で、男女混合の席順。最初は全員でワイワイ喋っていたけれど、時間が経つにつれ、それぞれ隣の異性との会話が中心になってきた。

 でも私の隣にいる人は、ちょっと軽そうで嫌なのよね。私のことを可愛いって言うだけで何の中身もない話ばっかりだし、適当に返事をするのも面倒になってきた。

「じゃあ、そろそろ席替えしよー!」

 幹事の声が、天の助けみたいに聞こえた。やっと、この退屈な男から解放される。
 女性陣の席はそのままで、男性陣がコップやお皿を持って動き出した。席替えをしない合コンもあるみたいだけど、今日はありで本当によかった……。
< 3 / 400 >

この作品をシェア

pagetop