ホウセンカ
赤いツツジのブーケ
 東京の梅雨入りが発表された。ここ最近、ずっと雨の日が続いている。

 桔平くんとの電話から1週間。まったく連絡を取らないままだった。
 時間がほしいって、どうして言ってしまったんだろう。時間をもらって何を考えるの?

 私はただ、否定してほしかった。桔平くんが嘘つきだったら良かったのに。

 でも、桔平くんの言葉を心から信じられたんだろうか。どうせ信じないくせに、そういう質問するのは不毛だって言われたことを思い出す。初対面の時から、私は何ひとつ変わっていない。

 ただの噂だって否定してくれたとしても。今は私だけだって言ってくれたとしても。きっと私は、不安な気持ちを完全に払拭できなかった。
 自分勝手な期待をして、きっと触れられたくなかったはずの過去に土足で踏み込んで。本当に最低すぎる。

 やっぱり私は、桔平くんの気持ちには応えられない。応えるべきじゃない。これ以上傷つけたくないから。違う。きっと自分が、これ以上嫌われたくないだけ。

「デートの日程、まだ決まらないの?」

 七海が何回か訊いてきたけれど、桔平くんが忙しそうだからって誤魔化した。

 毎日天気が悪くて、ジメジメとした空気がまとわりつく。どんよりとした気分になってしまうのは、きっとこの気候のせい。

 帰りにショッピングなんて気持ちにもならなくて、ただ家と学校とバイト先を往復をするだけの、つまらない毎日。ここ最近楽しかったのは、桔平くんがいたからなんだよね。そんなことは分かっていた。

 桔平くんに本を返さなきゃ。それでもう、終わりにしよう。
 そう思いながらもなかなか連絡できずに、また時間だけが過ぎていった。

「うわぁ、めっちゃ降ってる」

 窓の外を眺めながら、七海が声を上げる。今日は梅雨本番という感じで、シャワーのような雨が降り続いていた。

「はぁ、バイト行きたくないわぁ。これから天気荒れるらしいから、早く帰った方がいいよ、愛茉」
「うん、まっすぐ帰る」

 荒れるって、嫌だなぁ。雷マークあるし……。とりあえず、急いで帰ろう。
< 59 / 400 >

この作品をシェア

pagetop