Crazy for you ~ きみに堕ちて

甘い予感


ふと気がつくと、俺たちがいるエリアからは人がいなくなっていた。ついさっき、そろそろイルカショーが始まるという場内アナウンスが流れたから、皆んなそっちへ移動していったようだ。


俺は彼女の手を引いて壁際に寄る。


彼女は壁を背にして俺を振り仰いだ。


俺は彼女を隠すようにその両脇に腕をついて立ち、そのまま黙って彼女の唇を塞いだ。


一瞬驚いたように目を見開いたものの、彼女はふっと力を抜いて目を閉じた。俺を受け入れるかのように、その唇がわずかに緩んだ。


こんな所で理性が飛んでしまうのはまずい――。


その先を我慢して俺は唇を離し、彼女を見つめた。


「好きだよ」


私も――。


その言葉ごと飲み込むように、俺はもう一度彼女の唇をそっと塞ぐ。


ねぇ、君は本当に分かっているんだろうか。君が思っている以上に、俺は君のことが好きなんだってことを。俺と君が出会ってはじめの頃は、追いかける側にいたのは君の方だったはず。でも今は――。


俺がその目を覗き込む度に瞳を揺らし、けれど嬉しそうに微笑む君。愛おしくてたまらない気持ちになる。君が溶けてしまうほどに、甘やかしたい。君がほしい。


唇を離して、俺はみなみの耳元に囁いた。


「覚悟しておいて――」


人のざわめきが戻ってきた。 


俺は体を起こして彼女を促した。


「さて、と。イルカショー、俺たちも行ってみようか」


恥ずかしそうにこくりと頷く彼女の横顔に、はらりと髪の毛が落ちた。


それをそっと払い、彼女の耳にかけながら思う。


覚悟が必要なのは俺の方かもしれないな――。


俺はみなみに寄り添って歩き出す。俺たちの間の距離は、ここに来た時よりもはるかに近づいたはずだ。


俺は彼女の指に、自分の指をするりと絡ませた。





<了>
< 5 / 5 >

ひとこと感想を投票しよう!

あなたはこの作品を・・・

と評価しました。
すべての感想数:5

この作品の感想を3つまで選択できます。

この作家の他の作品

恋愛下手の恋模様~あなたに、君に、恋する気持ちは止められない~

総文字数/104,616

恋愛(オフィスラブ)112ページ

第3回ベリーズ文庫デビュー応援コンテストエントリー中
表紙を見る
表紙を見る
雨夜の七夕に

総文字数/2,772

恋愛(純愛)4ページ

表紙を見る

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

この作品をシェア

pagetop