プロフィール

公開リスト一覧

公開されているリストはありません。

レビュー一覧

★★★★★
2017/06/04 15:27
当たり前で特別なこと

なんともかわいいふたり。 幼馴染の寝起きの悪い彼としっかりものの彼女。 なんだかんだ言いつつも、彼は彼女に甘えているし、彼女は彼が大好きなんだなあと感じる、とにかくかわいい愛しいふたり。 おそらく言葉にしなくったって、ふたりはお互いの気持を知っているだろう。言われなくったってわかっているし、言わなくっても伝わっているだろう。 それでも。 やっぱり言葉にしてもらえるのは特別なことで。 やっぱり口にしてもらえると、嬉しいもの。 こんな風に、伝えて伝わる関係は幸せだなあ。

続きを見る
★★★★★
2017/06/02 18:27
好きの言葉に感謝を込めて

毎日好きだと口にしてくれる男の子。 好きって言葉は嬉しい。好きだという気持ちが嬉しい。 だけど、彼の好きにはたくさんのありがとうがこもってる。 どストレートな彼の言動は思春期の男の子らしさがある。だけど、彼の思いを聞いたあとでは、なんてしっかりした男の子なのだろうかと。 こんな風に好きを口にしてもらえる。伝えることができる。 そんな二人に羨ましさを感じるほど幸せが広がる、そんな物語でした。 ありがとう、は、ありがとう、でなくても伝わる、伝えることができるんだなぁ。

続きを見る
★★★★★
2017/06/02 11:52
溢れる星とあふれる想い

卒業式前夜、夜のプールサイド。 静かな世界の中で、ふたりきり。頭上には散りばめられた星々。 閉じられたようなその中で、語り合う彼の彼女。中学卒業を前に、思いを吐露した彼らは中学生という子どもから卒業するための一歩だったのだろう。 今までふたりの世界はおそらくとても狭く、そしてどこよりも安全なものだったのではないかと思った。 けれど、ずっとそのままではいられない。 卒業を迎えた彼らは、きっとこの先、今の世界を今よりも大事にしながらおとなになっていくのだろう。 彼らの小さな背中が目に浮かぶような、そして読後、これからの彼らにそっとエールを送りたくなる、そんな物語でした。

続きを見る
★★★★★
2017/06/02 11:32
また会えてよかった

作者様の、とびきりの優しさ、そして少し切なくなる幸福感がぎゅうっと詰められた作品でした。 懐かしい彼らとの出会いに、読んだときの気持ちを思い出して胸が締め付けられる。 読み終わった後、しばらく作者様の作り出した世界と空気に浸っていたくなる。 そして、また彼らに会いたくなる。 「ありがとう」が、言葉ではなく作品から伝わってきました。 作者様のファンであれば間違いなく心に残るであろう作品ですが、今までの作品を未読の方も、是非この空気に触れて欲しい。そしたらきっと、他の作品を読み漁りたくなるのではないでしょうか。 素敵な作品を、ありがとうございました。

続きを見る
★★★★★
2016/02/03 14:21
箱入り娘の成長

親からの愛をたっぷり注がれて育った主人公。門限は日没。男性とお付き合いなんて断固反対。会社は親のコネ。そして結婚は親の決めた相手と。 好きになった相手と結婚するんだとお付き合いすれば、二十年間大事にしていたものまで奪われあっさり捨てられ。 変わるんだと意気込んでみれば、何故かその結婚相手かつ幼なじみかつ会社の上司に勝負を挑まれる自体に。 傷ついて泣いたりするのは怖くて悲しい。でも、傷ついて泣いて生きていくのもまた、楽しみのひとつかもしれない。 そんな主人公の成長も微笑ましい。 そして、見事にすれ違う(勘違い)するふたりのやりとりも可愛くて微笑ましい。 言葉足らずで、どこか子供っぽい部分の残る主任。なんでこんな言い方しちゃうかなあと思いつつ、必死なのが分かるからちょっぴり切ない。 とても魅力的な可愛い二人のやり取り、最後まで楽しませていただきました。

続きを見る

好きな作家

    登録されていません。
pagetop