強引なのが好きだとか。
一歩後ろをついてこいだとか。
ツーカーだとか。

別段、そんなことが好きなわけでも、望んでいるわけでもないのだけれど。
私が忘れられない彼は、よく言えばそちらよりの性格をしている。

そして、悪くいえば、口が悪く、自由奔放な我儘人間。


そう思うのに、私は今もそんな彼を忘れることができないままだった。




この作品のキーワード
恋愛  片想い  すれ違い  不器用  後悔 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。