下期は出張責めで終わった。

なんでもロスに支社を立ち上げるらしく、次の上期も出張三昧を覚悟していた。

マーケ部からは、私の他に3人が派遣され、現地の仮のオフィスで仕事し、ホテル住まいだった。

このまま次の下期に突入しそうで、私以外は皆帰国したいらしかった。

私のPCにメールが届いた。

東京は真夜中のはず。

誰かしら?

『百合乃、変わりないか?俺はマーケの常務と週明けに現地へ入る。スケジュールを添付した。たぶん2年以上そっちにいることになる。君に会える日が待ち遠しい。孝二』

メールを読んで胸がつかえた。

早く会いたいと思った。

仕事中だったけれど返信した。

『メールをありがとう。会いたい。百合乃』嬉しくて手が震えた。

ところが、別な件で私は頭を悩ませることになった。

この作品のキーワード
しっとり  恋人  大人の恋  OL  社長  専務  常務  秘書 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。