集合は学校。

貸し切りバスで千葉県の海の見える合宿所へ行く。

毎年行くところで、高校2年のあたしは2年目。

体育館やサッカーが出来るグランド、テニスコートも6面と広大な敷地を持つ合宿所だ。

でも、宿泊施設の方はかなり古く、床はきしみ、昼間でも薄暗い雰囲気。

今回はサッカー部が一緒だから、賑やかになるはず。薄暗い雰囲気の合宿所も少しは明るくなるのではないだろうか。

学校へ着くと、貸し切りバスが2台待っていた。

「おはようございます!」

「あ! 亜美、おはよう!」

3年の部長が指示を出すために、バスの入口に立っている。

「手荷物以外は下に入れてね」

「はい!」

部長は出席名簿を見てあたしのところに丸を付ける。

この作品のキーワード
高校生  部活  合宿  事故  天然石  ブレスレット  切ない