図書館で夏休みの間だけ、アルバイトを頼まれた、間野ともみ23歳。

平凡な仕事・・・変わらぬ日常の中で・・・何かが変わっていく。

最初は気が付かなかったけど・・・

ともみに逢いたくて毎日、図書館に通ってくる男がいた。

喜田とおる 21歳。

2歳年下の彼は・・・奥手で・・・不器用で・・・・

ともみはそれが可愛くってしょうがない。

ある日 とおるはともみを待ち伏せしていたのか

待ちくたびれて・・・眠ってしまった。

「何やってんの?まったく・・・」ともみはそんなとおるを

放ってはおけず・・・

2人は付き合い出した。

半年経っても

キスもまだできない。

焦れるともみ・・・。

でも

恋は確実に進展していた。

「すきだよ。そのキス。」

それは

とおるの愛情こもったキスだったから・・・



~第1弾☆とろけるようなキス☆に参加中~


この作品のキーワード
ラブコスメ