あるアパートの一角で隠れてコソコソする私たち。



やっと、目的人物が帰ってきた。



「詩織、俺ら先行くから。後、よろしくな」

「了解です。先輩なるべく、時間稼いで下さいね!」



ドアに鍵を差し込んだその時を狙って先輩たち2人が先に飛び出す。




「あの人だ。おまわりさん、あの人が泥棒だ。間違いねぇ」

「はっ?何言って……俺はなんもやってねぇよ」

「ちょっと、話を聞かせていただこうか……?ここでは、隣人の迷惑となりますので、とりあえず下まで同行願えますか?」



この作品のキーワード
偽装  恋人  ドキドキ  偽り  溺愛  短編  元カレ  再会  秘密  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。