社長の勘は当たってたのかもしれない。




私は斗真からデートに誘われたのだった。(たぶん)




「ごめんなさい。待ちました?」


「いや、今来たとこ……」




言いながらも、目線は私に釘付け。



ふわふわした白いワンピースにちょっぴり高いヒール。



斗真の大好きなお嬢様系ファッション。


仮にも元カノである私は熟知しているのだ。




「今日の服、可愛いな……」


「ありがとうございます」




さっと、手を取って歩き出す。




「美緒ちゃんさぁ、敬語じゃなくていいよ」


「でも、それは……」


「俺がいいって言ったらいいの」


「はい……あっ……」


「ちょっとずつ慣れていこっか?」




並んで歩く私たち。


斗真の方が確実に歩幅が広いのに、ちゃんと私に合わせてくれる。



そういうとこの気遣いは昔から好き。



この作品のキーワード
偽装  恋人  ドキドキ  偽り  溺愛  短編  元カレ  再会  秘密  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。