太陽の光で目が覚める。




あんだけ、泣き叫んだのもあって、だいぶスッキリした。



根本的な問題解決には何も繋がってないけど。



洗面所に向かうとそこには写し出される私の顔が。




泣きすぎて、目が腫れてる。


このまま会社の方行ったら、なんかあったと思われるかな。




本当はデスクワークの方が少し溜まってるんだけど、変に心配されるよりかましかと思って、今日は休むことにした。




そしてまた、ベッドに潜り込む。




私が迂闊だった。


本当に酔っちゃうなんて……


ディナーの途中からの記憶がない。


もう、それしか考えてられない。


そんなに弱い方じゃないんだけど……




もう、永遠に考え込んじゃう私の性格。


負のスパイラルに陥りそうなので、考えるのはやめた。




不本意だとはいえ、せっかくの休日なんだから、楽しまなくちゃっ!




お掃除から、読書、ショッピングなどして、少しは気分転換になった。



この作品のキーワード
偽装  恋人  ドキドキ  偽り  溺愛  短編  元カレ  再会  秘密  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。