3ヶ月後―――。




「斗真、おっそーい。待ちくたびれた。お腹すいた」


「ごめんごめん」




いつものソファに座って駄々をこねる私に、斗真はそっと唇を重ねた。



それだけで、私の心は満たされてしまう。




「そのネックレス好きだな」


「うん。斗真から貰ったものだし」




今も尚、私はあのリング状のネックレスを使っている。


元々、好きでつけてはいたけど、付き合うようになってからはよくつけるようになった。




「詩織。目つぶって」


「ん?」




よくわからないけど、とりあえず目をつぶる。




首元に斗真の指が触れる。



この作品のキーワード
偽装  恋人  ドキドキ  偽り  溺愛  短編  元カレ  再会  秘密  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。