そこかしこから蝉の鳴き声が聞こえる、八月初旬の晴れた午後。

興味本位でついてきた姉二人とともに、私は初めて高級住宅街の中に佇む城戸さんのお店を訪れた。


「近くで見ると余計にみすぼらしい店ね」


お店の前に乗りつけたロールスロイスを降りるなり、サングラス越しに店の外観を眺めた長女の琴絵お姉さまが言う。


「パリの街角を意識したつもりなのかもしれないけど、全然ダメ。
所詮は日本人が真似した“ちょっとおしゃれ風”の店に過ぎないわね」


キャペリンハットのつばを引き上げ、目を細めた珠絵お嬢様の評価も手厳しい。

でも、そんな言葉なんて気に留めていられないくらい、私の胸はドキドキ高鳴って止まらなかった。


二階建てビルの一階にお店はあって、白い外壁の下半分は、色違いのレンガタイルがランダムに並んでいる。

扉の色とお揃いのオーニングは鮮やかなグリーンで、その下に置かれたブラックボードに、おすすめのパンが可愛らしい絵と共にチョークで描かれていた。


「素敵……」


一目惚れってこういうことを言うのかしら。

今までに何軒ものパン屋を見てきた私だけれど、こんなに心を鷲掴みにされたのは初めて。


さっさと店内に入っていく姉たちに遅れ、水色のサマードレスの裾をはためかせながら私がぼうっと立ち尽くしていると……



「――織絵さん、何してんの」

「あ……」



初めて会ったときとは違う、“パン職人”姿の城戸さんが扉から出てきて、挨拶しようと口を開きかけたままで固まる私。


だって……お見合いのときのかっちりしたスーツより、断然こっちの方が似合っていて、思わず見とれてしまったんだもの。

清潔感溢れる白のコックコートに、ダークブラウンのコックタイ。

タイとお揃いの色のハンチングから覗く彼のえりあしは、今日も絶妙な具合に跳ねていた。


この作品のキーワード
パン屋  俺様  執事  お嬢様  職人  お見合い  婚約者  同居  切ない  働く男子