次に目が覚めたときには結構陽が高くて慌てた。


「隼、隼。」


「ん?」


「今日は出かけなくていいの?」


「あぁ。まだ旅行行ってるはずだろ。」


「あぁそうか。起こしてごめん。」



隼は怒りもせずに抱きしめ


布団から出たくないと言っていた。


それは私もよくわかる。


部屋の中は暖房ですぐ温かくなるが廊下は寒い。


この作品のキーワード
極道  ヤクザ  溺愛  大人の恋  イケメン  バリトン  結婚  運命   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。