「何か嫌な事があったのかと思った」


この人は、いつも……そうだ。
何かあると直ぐに見透かされる。



「前にも言ったけどさ、話したら少しは楽になる事もあるんじゃないかな?
琴音ちゃんの心の中にあるもの吐き出しちゃいなよ」



「なん……で?
いっつも分かっちゃうの……」


澤野さんの言葉がジワリと私の中に染み込んできて泣きたくなってしまった。



「澤野さんはズルイんですよっ。
こっちが必死でっ――――――――。
―――――――-――――それに澤野さんはっ……ううっ……澤野さんは優しくて……ズルイんですよぉ」


感情的になってしまい気付けば泣きながら澤野さんに文句を言ってしまっていた。



「琴音ちゃん?
ちょっと、落ち着こうか……」



澤野さんの慌てている声が聞こえて来たけど自分の感情を抑える事が出来ずにいた。