宮田さんが適当に美味しそうなお料理をお皿に取り分けて、私にそれを手渡してくれた。


こんな豪華すぎるパーティに来たのも初めてならば、男の人にこうやってお料理を取ってもらうことも初めてで。


私に一目惚れをしてた、なんてことも言われたし…

さっきから緊張とドキドキで、どうにかなりそうだ。


だけど、浮き足立ってばかりはいられない。
お皿はきちんと持って、こぼさないように注意しないと。

私の不注意で、このドレスを汚してしまうことだけは避けなければ…。


「このお肉にかかってるソース、美味しいよ。」


隣に居る宮田さんは、無邪気にそんなことを言いながらお肉を頬張る。


さっきまで照れていたのに、今はもう、それはどこかへ行ってしまったみたいだ。


私もそろそろ、意識しすぎるのは疲れるからやめよう。

一つ大きく深呼吸をして、何気なく会場内を見渡したときだった ―――


「…………え……」


私はとある一点を見つめたまま、動けなくなってしまった。



この作品のキーワード
デザイナー  アラサー  ギャップ  変人  魔法  秘密  契約  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。