「緋雪の相手が、ホントに部長だったら…
諦めなきゃいけないんだろうなぁって思ってたんだけど。
違うみたいだから、今度積極的に食事にでも誘ってみようかな?」


少し冗談めかしながらも、恥ずかしそうにする麗子さんが、とても可愛く見えた。


麗子さんと袴田部長かぁ…。
今まで想像したことはなかったけど、とてもお似合いだと思う。


「麗子さん、頑張ってください!」

「ありがと。部長が振り向いてくれるかは…わからないけどね。
でもこの気持ちを、今は大事にしたいの。」


ホントに恋心っていうのは、突然やってくるんだ。

しかも、ハリケーンのごとく
すごい勢いで、心の中をかき乱していく。


厄介だと思いつつ、それは甘い媚薬のように心を侵食して…。


気がついたら、その熱に浮かされている。


――― 私もそうだから。


この作品のキーワード
デザイナー  アラサー  ギャップ  変人  魔法  秘密  契約  ラブコメ