*****

会社に戻る途中、ずっとモヤモヤした気持ちが抜けなかった。

なんだこれ……

こんなんじゃ仕事にならない、と
エレベーターの中で、そんな自分に気づき、両頬をパンパンっと叩いて喝を入れる。


そうやって気合を入れたのに、集中力は続かず、終わったときには時計は19時半を回っていた。


そうだ、電話しなきゃ……

ロッカールームで思い出し、宮田さんの番号を表示させて発信する。


今日のことを弁解させてほしいと言っていた彼の困惑した顔が脳裏に浮かんだ。

私だって……
あのモデルの子と、あんなところで何をしてたの?と、気にならなくはないけれど。


正直に聞いてしまうのが怖い。



『もしもし。』


数回目のコールで、落ち着いたトーンの彼の声が耳に届いた。


「お疲れ様です…。今、仕事が終わりました。」

『お疲れ様。もう会社の前にいるから、降りてきてよ。』

「…え…」


この作品のキーワード
デザイナー  アラサー  ギャップ  変人  魔法  秘密  契約  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。