「朝日奈ー、ちょっと来い。」


あれから…見学を終えて帰っていく宮田さんをロビーでお見送りして。

事務所に戻ってくると、早速袴田部長からの呼び出しの声。
何を言われるのだろう、いや…何を聞かれるのだろう、と背中に緊張が走った。

宮田さんのことで、部長が何か怪しいと思う部分があったんじゃないだろうか、と。


まさか、――― 秘密のことを見破られた?



「あっちで。」と、指し示されたのはミーティングルーム。


「朝日奈、お前……大丈夫か?」

「……え?…何がですか?」


怪訝な表情の部長を前に、私は冷や汗をかきながら動揺した。

今の自分は、絶対に目が泳いでいる。
だって何のことを言ってるのか、抽象的過ぎてわからないから、余計に怖い。


この作品のキーワード
デザイナー  アラサー  ギャップ  変人  魔法  秘密  契約  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。