その光は夏の夜空にきらめくの。

たった一瞬だけ。

まるで、儚く散った初恋のように。



きっと、あたしの恋も、夏の花火みたいな恋だったのかな。

あの時、一瞬で散ったあたしの恋だけど。

きっと、1番輝いた恋だったと思う。



ねぇ先輩。


あたしの恋はあの日の花火のように


一瞬で散った恋だったけど。


あたしは、先輩に恋ができて、幸せだった。




大好きだったよ、先輩。






START→2014.6.17
END→

この作品のキーワード
花火  先輩  片思い  泣ける  親友  サッカー部  マネージャー  青春  実話