それは突然のゲリラ豪雨だった。


コンビニで買った安いビニール傘は、あっという間に裏返ってしまった。


所持金820円。


このしょぼい懐事情をどうにかしようと、駅前のATMまで、ひとっ走り…、のつもりだった。


「……っ。」


銀行はもう、目の前なのに。


立ち竦んだまま、為す術も無い。


雑居ビルの庇の下で、先住者の燕たちに紛れて、雨宿り。


いつになったら雨が上がるんだろう。


全身が濡れたせいか、寒くて仕方がない。


一向に止む気配を見せない雨空に、大きな溜め息を吐いた時、私の名前を呼ぶ声が、した。


「有紗?」


そのビルのエレベーターから降りてきたのは、3ヶ月前に別れた男、桐生未来。


「…未来、くん。」


「うわっ、ビショビショじゃんっ。」


銀行に寄ったらすぐに帰ろうって思ってたんだもん。


Tシャツにジャージ素材のゆるっとしたパンツという、ラフな服装。


しかも、雨に濡れて肌に張り付いているという、最悪な状況…。

この作品のキーワード
狂愛  ヤンデレ  独占欲  激甘  監禁  溺愛  依存  狂気  元カレ  嫉妬 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。