俺は2時過ぎに寝室に入った。


壁の埋め込み式の間接照明が彼女の寝顔を照らす。


俺は彼女の眠る脇に腰を浅く下ろした。


彼女の寝顔を見るのはこれで二度目だーーー・・・


俺は彼女の目許に指先をそっと這わせる。彼女の目許は潤いがなく乾燥していた。


「…泣いていたのか?」

俺は戸惑いながらも、彼女の身体に添うように身体を横たえて、ギュッと抱き締めた。


「ゴメン…」

―――――俺は眠る彼女に謝った。





この作品のキーワード
結婚  イケメン  妊娠  過去  御曹司  偽り  秘密  夫婦  溺愛  身分差