ようやく涙が止り、目を閉じているとドアの開く音が聞こえた。


怜が寝室に入って来た。


静かに鼓動を刻んでいた心臓が急に高鳴る。


彼は私の寝ているそばに腰を下ろして来た。


これって…また寝込みを襲うつもり?


彼は私の目許に指先を伸ばして、何かに気づいた。私の涙の痕に気づいたのだろうか?


急に私の身体に身体を添わすように横たえて、ギュッと抱き締めて来た。



このまま、手を出すようなら…目を開いて睨んでやろうと思ったけど。彼は『ゴメン』と一言耳許で囁いた。



彼はそのまま身体を起こして、自分の寝るスペースに入って就寝してしまった。


この作品のキーワード
結婚  イケメン  妊娠  過去  御曹司  偽り  秘密  夫婦  溺愛  身分差