私はキッチンに立って朝食の支度をする。
昨日の手抜き夕食の件もお詫びしようと考えていた。


「おはよう…」


今朝の怜の表情は険しかった。

挨拶する声も単調で怖い。私自身が招いた結果だけど、ここまで怒るとは思いもよらなかった。



「怜…おはよう…」


怜は食卓の椅子に座り、用意した朝食を黙って食べ始めた。



私はマグにコーヒーを注ぎ、怜の前に置く。



「昨日は目を瞑るが、君は俺の扶養者。君は俺に養われてる。だから、キチンと妻の役目はこなすんだ」


妻の役目か…


私はそうやって、彼に懐柔されていくんだーーー・・・


この作品のキーワード
結婚  イケメン  妊娠  過去  御曹司  偽り  秘密  夫婦  溺愛  身分差