* カフェ *




 今日は、どこも光り輝く特別な日。
 いつもは四季折々の花が店の前を埋め尽くしているのだけれど、外にある花たちにはお休みをあげた。
 代わりに繰り返し瞬く明かりがこのカフェを包み込んでいる。
 
 余り変わった事は嫌いだが、今日くるお客にはこの灯りが必要だろうからさ。






この作品のキーワード
思い出  大切なもの  家族  コーヒー