山梨から帰ってきて二週間。

plaisirでの仕事にもだいぶ慣れ、フランス料理の知識も少しずつ増えてきた。

――と、いうのも、私が“女”であることに気付いてから、須賀さんが急に優しくなり、手の空いた時間に色々教えてくれるようになったからだ。


「コンポートって、あの果物を甘く煮たやつだけじゃないんですか」

「……ああ。野菜を柔らかく煮込んだものにも使うな」

「知りませんでした……勉強になります」


営業時間を終えがらんとした厨房で、教わったことをメモに取っていると、座っていた丸椅子から須賀さんが立ち上がった。


「お前……明日の定休日、暇か?」

「明日? ええと、人と会う約束がありますけど」

「そうか……ならいい」


コックコートの裾を翻し、先に厨房を出て行ってしまった須賀さん。

明日、なんだったんだろ……? お休みの日まで、料理のこと教えてくれようとしたとか?

首をかしげつつ私も数分遅れて厨房をあとにした私。


更衣室の前まで来てドアノブに手を伸ばそうとしたら、急に扉が開いて私服に着替え終えた須賀さんが出てきた。


「あ……おつかれさまです。早いですね、着替え」

「お前に気を遣ったからに決まってるだろ」

「す、すいません……」


なんか、機嫌悪そう……さっきまで普通だったのに。

委縮しながら須賀さんの後姿を見送り、更衣室に入ってロッカーを開けると、バッグからのぞくスマホのランプがちかちか光っていた。

この作品のキーワード
男装  秘密  逆ハー  ソムリエ  ワイン  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。