「杏里…俺は、杏里を失いたくないんだ…。」

『……。』



でもね、私には生きる気力なんてないの。
この辛い気持ちを背負って生きていける程、私は強くない。



死ねば、楽になれるんだよ?



人間は、遅かれ早かれいつか死ぬんだ。だから別に今だっていいのでは?




この世から、自分の存在を消したいだけなんだ




大好きなお父さんは、私のせいで死んでしまった。大好きなお母さんも、私のせいで狂わしてしまった。











そう、悪いのは全て……私。


私なんだ。

この作品のキーワード
溺愛  社長  ドン底  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。