「くくく、殿下はまるで番犬だな。今にも噛み付いてきそうだった」


ランバートはそう言って愉快そうに笑いながら、ベンチの背もたれに身体を預ける。


エリナとランバートはラズベリー畑を離れ、庭園の中央にある広場に出ていた。

広場の真ん中には噴水がおかれ、それを眺める形でいくつかベンチが設置されている。


キットはもちろんふたりきりになるのを許そうとはしなかったが、エリナが無理やり止めたのだ。

彼の命を救う手段がこれ以外には絶望的になってきた以上、キットも渋々引き下がるしかなかったのだと思う。


「殿下を"番犬"だなんて、誰かに聞かれたら不敬罪で罰せられますよ」

「独占欲の強い男をからかうのは楽しいことだが、相手が王子ともなればなおさらだ」


隣に座ったランバートはエリナの嫌味も意に介さず、クスクスと喉を鳴らして笑っている。


(随分とお楽しみのご様子だこと)


ランバートがあまりにキットのことをからかうので、エリナがツンとして顔を背けると、笑いを収めてひとつ息をついた。

エリナの黒髪を指に絡め、軽く引いて視線を奪う。


「お前のほうも、あの舞踏会の夜から少し変わったようだ」

この作品のキーワード
ファンタジー  王子様  公爵  恋愛  あまあま  キス  トリップ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。