お昼休みにお弁当箱を開いて、仁奈ちゃんと久しぶりのランチタイム。


「えぇ?北工生と知り合ったの?」


「知り合った、っていうか。ちょっと喋ったの。」


「すごいなぁ・・・あの廃れた駅にそんな出会いが待ち受けてるなんて・・・。」


仁奈ちゃんに武石くんとの出会いや、具合悪くなったときにお世話になった話をしたら、仁奈ちゃんの目がどんどんキラキラしてきた。


「具合悪いちーちゃんに、寒い中、学ランかけてくれたの?金髪が?」


「うん。金髪だし怖そうだけど、多分優しい人なんだと思う。」


「きゃー!!それ、どうなの!?ちーちゃん!!」


「どうって?」


あたしが首をかしげると、仁奈ちゃんは間髪入れずに叫んだ。




「恋しちゃったのー!?」




その声に教室がざわめいた。



「ちーちゃんが恋!?」


「まじかよ!どこの誰だよ!?」


「おねえさんたちが協力するから、なんでも言って!!」



みんなの視線が集まってきた。


「え・・・えっと・・・。」



あまりの勢いにたじろぐあたし。


仁奈ちゃんが両手を合わせてゴメン!!ってジェスチャー。



「うーん、北工業の人なんだけど、スキとかじゃないと思う。」


っていうより。




「恋って・・・・何?」



あ、あれ、変なこといったかな?


教室が一瞬静まったと思えば



「「「かっわいー!!!」」」




もう騒がしい教室へと早変わり。