落ち込むあたしの目の前で、瞬があたしのタオルのハンカチを畳み始めた。



「学校・・かわってもさ。人はそう簡単に変わんねえから。」



瞬の手元は器用にタオルを折り畳む。



「・・・元気出して。」



そう言って、ベッドのテーブルの上にポンと置いた。



それは、ハンカチでつくった・・ヒヨコ?




「・・・あはっ。すごい・・ヒヨコだ。」



つい、ふっと笑顔がこぼれちゃう。



「ありがとう、瞬・・。優しいなぁ。」



あたしたちの間にはやっぱり今でも、沈黙が始まって。



ヒヨコを瞬の方へと動かすと、瞬がヒヨコにデコピンした。



「あー、ひどい」


「ははっ。」