びゅう、と吹く木枯らし。


臙脂色のマフラーが飛ばされないように左手で掴み、右手でおろした髪を押さえた。



すっかり寒くなったこの頃。



スクランブル交差点を行き交う無数の人々が、沢山居ることを感謝するようになる。



夏は暑苦しくて嫌だが、冬はなんとなくそこだけ暖かいような気がするからだ。



こんなこと思うのは、私だけかな。



気を取り直して私は会社に急ぐ。



横断歩道を渡り切り、工事中の為に狭くなっている歩道を通り抜け、角を曲がる。




「うわっ!」





え?うわ?


私がはっとしたのと同時に。




ドン!バサバサッ





身体に衝撃。


この作品のキーワード
詐欺  スタ文大賞 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。