笑い声が聞こえる。
私は耳を塞がない。

その声が私を嘲笑うものであっても、反応する価値はない。
当座の仕事として、在庫のカウントをする。
本日最後の仕事。掃除をするアルバイトたちの近くで、私は正社員としての仕事を黙々と片付ける。


「レジ締め、お願いしてもいい~?」


間延びした声で話しかけてきたのは二年上の先輩女子社員の兵頭(ひょうどう)さん。
私は短く応の返事をする。

私が了承したと見るや、彼女はくるんと背を向け仲間のもとへ戻っていった。


「あいつ、マジ断んないよね」

この作品のキーワード
愛憎  同僚  執着 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。