俺の同期は32人いて、研修終了と同時に関東近県の店舗に配属されている。

同期会は、都心の好立地に配属されたラッキーなメンバーを中心に、二月か三月に一度開催されるが、藤枝が来た試しはない。

今回は15人ほど集まって、新宿で飲み会だ。


藤枝なんか、誘うんじゃなかった。


俺は後悔する。

どうせ断られるとわかっていたのに、同期会に誘ってしまったのは先週。
藤枝との会話を続ける内容が他に見当たらなかったのだ。

俺の讒言のせいで、髪を切られた藤枝。
文句も言わず、チクリもせず、あいつは今日も黙々と働いていた。

飲み会に参加しないのはいつものこと。俺だって強いて誘ってこなかった。


だけど、もし、
今日の会に参加していたら。

酒の力でも何でも借りて、藤枝に「悪かった」と言えたかもしれない。

この作品のキーワード
愛憎  同僚  執着 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。