私が目を覚ましたのは、もう太陽が昇り切った頃だった。

大学にだって、行く気になれない。

陽子と顔を合わせる事が怖い。


まだ、私には真実を知る勇気がない。覚悟がない。


もう少しだけ。
必ず、向き合うから。


今何時だろうって携帯に手を伸ばす。
だけど、画面がつかない。

恐らく、電池切れ。


それなら、それでいっか。

こんなにすぐに電池なんか切れないはずなのに。
陽子がたくさん連絡くれていたのかもしれない。


(ごめんね、陽子)


心の中で謝ると、私は立ち上がり浴室へと向かった。
お風呂に入ってから、私はカバンの中にあるルーズリーフを取り出す。

ルーズリーフには今まで歌った全ての曲の歌詞が書いてあった。
それを新曲の都度挟んでいってるから、結構パンパンだ。

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。