――――――――………半年前。


「多恵!見た!?」

「んー?」


購買の定食を選んでいると、後ろから興奮した様子で私に話しかける陽子がいた。
大方予想はついてる。

私が通う大学には、有名人がいるんだ。
きっと、その彼の事。



「彬さんって本当にカッコいい!!
さっきもさ、メガネかけててそれが似合ってて…」


メガネって。


少し呆れながら私は陽子を見る。
そんな陽子を無視しながら、今日のお昼ご飯の食券を買っておばちゃんにだした。

今日はA定食。
サバの味噌煮と、お新香、味噌汁。
うん、日本人好み。


「もー多恵、聞いてる!?」

「はいはい、聞いてますよ。
彬さんが何だって?」

「聞いてない!」

「あはは」


そうやって、興味なさげな顔を見せるけど。
本当は、彼の事を密かに想っていた。

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。