「借金を支払う代わりにね、俺がお前を買ったの」

「………う、そ」


だって、会社がどうのって言ってた。
それは?
借金の肩代わり?


「俺に従順なペット、欲しかったんだよね」

「……ペット、って」

「ふふ、ははっ」


嬉しそうに口元に笑みを浮かべる彼を、私は恨めしそうに見る。
…何だと思ってるんだろう。

金持ちって、皆こうなわけ?


「…借金、私が支払います。一生かかってでも」


腕に力を入れながら、私は彼の目を真っ直ぐに見てそう言った。

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。