翌朝。

薄らと目を開けた私は寝返りを打って、至近距離にある彼の顔に目を真ん丸にした。


「え!?え」


ガバッと体を起こした私は頭を抱えながら軽くパニックに陥った。


ちょっと、何で?私、ソファで寝てなかった!?
どうしてベッドに?てか、何で彼と?

しかも、彼裸じゃん!!
記憶ないよ!?
私何も!!!



「……ん」


わたわたしてる私に気付いたのか、彼が色っぽい声を出しながら目を擦る。


「…何してんの」


掠れた声で、そう尋ねる彼。
酒臭いし!
相当飲んだな!

って、違う違う。


「えっと、私ソファに寝てなかったかな~?って」

「…ああ、俺が運んだ」


昨日、微かにあった彼に抱きかかえられる記憶は夢じゃなかったんだ。
…頭、撫でられたのも。

現実?それとも夢?

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。