※男性視点※ 







情事の後、隣で安らかに眠る君の頬を撫でる



その頬からは涙が伝っていた。



それは生理的なモノなのか、それとも後悔の念からの涙なのか……俺には測りかねる。


ただ、この涙がその2つのどちらかの意味だとしても、俺はこの子を、君をこの鳥籠から出してあげる気なんて更々ない




だって俺が望んで、望んで、望んで・・・・
やっと捕まえた、手に入れた人なんだもん……



この作品のキーワード
鳥籠    監禁  ヤンデレ  狂愛  シリアス  エロ  微エロ