夢の国を旅しているはずの真菜を起さないように、そっと玄関を開けて家に入ると二階の子供部屋に向かった。

スヤスヤと寝息を立てている真菜の寝顔は天使のようで、愛おしい。

「ただいま」

私は眠っている真菜に向かって、小さな声で挨拶をした。

でも聞こえてきたのは、開いたままの子供部屋のドアの前に佇む夫の低い声。

「お帰り」

「あ。ただいま」

真菜が深く眠っていることを確認した私は、静かに子供部屋を後にするとドアを閉めた。

「今日はありがとう」

「いや」

「真菜の世話、大変じゃなかった?」

「いや。真菜はいい子だったよ」

「そう」

相変わらず口数が少ないことを可笑しく思いながら、夫の前を通り過ぎようとした。

その時。夫が私の前に立ち塞がる。

「な...に?」

「今日のその格好。とても綺麗だよ」

「え?突然どうしたの?」

唐突に紡がれた褒め言葉を聞いた私は、目を丸くしながら夫を見つめる。

すると夫は鼻先を人差し指でポリポリと掻くと、私から視線を逸らした。

この仕草は夫が照れている証拠。

「だから、その新調したワンピースも、そのふんわりとした髪型も、それからそのピンクの爪も。似合っている。とても綺麗だ」

今まで聞いたことのない褒め言葉のオンパレードは、私を不安にさせる。

この作品のキーワード
壁ドン企画  夫婦  同窓会  壁ドン