◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



数日たっても変わらず隣部屋からの音に迷惑していたが、女のアザを見て以来俺は違う心配をしていた。

男の怒鳴り声、何かが割れる音、泣き声…

DVというやつじゃないか?

警察に通報した方がいいか、ほっとくべきか…

迷っていると今夜も隣から男の声が聞こえ始めた。
ガシャン!とまた何かが割れた。

おいおい…下の階のやつとかも迷惑してるなら通報してくれよ…

「やめて!」

壁越しにあの女の声が聞こえた。

俺は腹を括った。
自分の部屋を出て隣の部屋のチャイムを押した。

「すんませーん…」

暫くして男が出てきた。

「何か?」

俺は拍子抜けした。どんな強面のにーちゃんが出てくるのかと思ったが、目の前の男は細身でメガネをかけた優しそうな男だった。

「あの…もう少し静かにしてくれません?」

「すみません。ちょっとケンカ中でして」

男は眉を下げ申し訳なさそうに謝る。
俺はドアの向こうに女の姿を探したが、部屋の奥にいるのか姿が見えない。

男は俺の視線を遮るようにドアを少し閉め、部屋の中が見えないように立った。

「本当にすみません。気をつけますので」

「お願いします…」

言うことを言った以上、もう自分の部屋に戻るしかない。

その後は隣の部屋から物音一つ聞こえなかった。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



俺が部屋の前で鍵をカバンの中から探していると、アパートの階段を上がってくる音が聞こえた。あの女が買い物袋を持って上がってきた。

「こんにちは」

「こんにちは…」

俺は一瞬息が詰まる。女の右手首に包帯が巻かれていた。俺の横を無言で通り抜けようとしたが

「あの!」

とつい引き止めてしまった。女は不思議そうに俺を見た。

この作品のキーワード
壁ドン企画  隣人  トラブル  DV  暴力男  恋愛