「あの!」


Sanntanaから飛び出し、透子は息を切らせて上条の元へと走った。



今日も少し雪が降っている。
真っ白な道に、新しい足跡が浮かんだ。



「おまたせしてしまって、すみません!」


透子を見つけた瞬間、上条の表情がぱっと明るくなった。



「いえ、全然待ってませんよ」



そう言った彼の肩に雪が積もっているのを見つけ、透子は軽く振り払う。
それに気づいた上条は、照れくさそうに目を細めた。



「それに私、急にこんな……」



透子は申し訳ない顔で花束を見つめた。
上条もそれに気づき、迷ったように花を差し出す。



「……これ、花束なんですけど」



薔薇の芳香が漂う。

真っ赤な花びらに白い雪が舞い落ちてふわりと溶けて、とても美しかった。


……だけど、日常でもらうのにこんなに大きな花束はやっぱり違和感がある。



上条もさすがに恥ずかしそうに、顔を強ばらせている。


「……すみません。もしかして、冗談でしたか? 
焦って買って来たんですが、よく考えたら天音さんの年も知らないし」



彼も薄々何かおかしいということは分かっていたようだ。


「迷惑だったら捨ててきます」


「い、いえ!」


透子は首を振り、慌ててそれを受け取った。

この作品のキーワード
上司  三角関係  じれじれ  無愛想  秘密  偽り  切ない  胸キュン  すれ違い  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。