「お待たせしました」


駅の入り口を出ると、かなり早めに家を出たにもかかわらずもう上条が待っていた。


「行きましょうか」


透子のことを見て、上条は優しく微笑んだ。
嬉しそうに声を弾ませ、彼女の首元にちらりと視線をやる。



「それ、つけてくれたんですね」

「はい」


透子が胸につけているのは、この間買ってもらった花のネックレスだった。


「かわいいから、気に入ってるんです」


そう答えると、彼も嬉しそうに笑った。





上条は、相変わらずこの上なく優しかった。


何をするにも気遣ってくれたし、段差のある所では自然と手を引いてくれた。


透子は大きな水槽の中を泳ぐ美しい熱帯魚に見とれた。



「水族館なんて、すごく久しぶりです」


上条も彼女の隣で微笑んだ。


「私もです。男だけだと入りづらいですし」


「彼女さんと来たりはしなかったんですか?」


自然とそんな質問が口をついて出てきた。
すると何か思い当たる節があったらしい。



途端に歯切れが悪くなる。


この作品のキーワード
上司  三角関係  じれじれ  無愛想  秘密  偽り  切ない  胸キュン  すれ違い  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。