「……明日、時間ある?」



「え…」



「話、あるんだけど」



そう言った次の日



君は私の前からいなくなった。



あの時の、甘ったるいいちごミルクの味と



やけに降っていた、窓から見えた真っ白な雪を



私は今でも忘れられない。



─────


朝日奈真雪(アサヒナマシロ)
×
真輝大雅(マサキタイガ)

貴方は一度忘れると決めた相手を
もう一度愛することができますか。


────

◆タイトル/表紙/節/章変更あると思います←

この作品のキーワード
すれ違い  恋愛  切ない  ときめき  甘い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。