いつの間にか腕に小さな傷ができていた。
なぜかそれに怯える友人、美帆。
美帆は一体何を見ているのか?


今見えているものは本当に存在していると証明できますか?
自分の認識している世界が他の人と違うかもしれないと思ったことはありませんか?
認識の不確かさを表現したくて書きました。

目次

この作品のキーワード
  親友  思い出  写真  救急車  マンション  恐怖    世界