失恋の痛手から子ども時代に住んでいた国――タイにふらりとやってきた結。
トラブルに巻き込まれたところを助けてくれた青年、タワン。

予定していた宿泊先の、まさかの倒産。
タワンは自分が働くホテルに誘う。
「泊まるとこがないなら、ここに泊まればいいよ」

高級ホテルに尻込みする結に、ニコリと笑って言った。

「お金がないなら、体で払ってもらおうかな」


タイのバンコクを舞台に、優しくてちょっと強引な青年と
恋に臆病になっている女の子の恋物語



―――――
第3回ベリーズ文庫大賞
佳作に選出していただきました。
どうもありがとうございました。

氷川真紗兎さま
ナメコ⚫ネバルーノさま
レビューありがとうございました!

この作品のキーワード
恋愛  海外  タイ  あまあま  じれじれ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。