「おはようございます」

いつものように出勤。

いつものように予約を確認する。


「え?新規?」


私の声にマネージャーが反応する

『珍しいだろー頑張れよ!』


本当に珍しい。

新規なんて滅多にない。



新規だからと言って特に何もない。

いつもと変わらない。

準備をして客が待っている部屋に行く。



ドアをノックする。


無反応…まぁいいか。

「失礼致します。お待たせして申し訳ありません。ご指名ありがとうございます。翼です」

いつものように三つ指ついて
挨拶をする。…が返答がない。


顔を上げると、客はソファに座りながら
書類らしきものを見て私に気付いていなかった。

この作品のキーワード
ヤクザ  純愛  年の差  風俗  優しさ  孤児  極道   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。