熱いシャワーを浴びる。


お湯の雨が頭の天辺から足の先までを満遍なく濡らした。

全身を満たす温かなベールに、守られているような気分になる。


……とはいえ、そんなのはこの一瞬だけ。

これからどうしようか?


髪に差し込んでガシガシ動かしていた指を止め、私は俯いた。
頬をお湯が通りすぎていく。


昨夜、私を組み敷いていた男の顔が浮かぶ。

彼は私を見下ろして、薄い唇を真横に引き、微笑んだ。



『必要なら午前半休くらいくれてやるよ』



偉そうに。
上から目線の男って嫌。

実際、立場は私より偉いわけだけれど。

この作品のキーワード
大人の恋  上司  部下  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。