こんな時、女子はどんな行動をとるのが正解なんだろう。

私は家に戻って布団を被って泣くことをしなかった。

ドリカムの歌みたいに女友達を呼び出して、「カレとお別れしてきたんだ」って慰めてもらうこともしなかった。


カフェを出て、私が最初にしたのは、お財布の中身の確認。

よし、足りる。

算段がついたら、すぐに踵を返した。

足を繁華街の方向に向け、メグ子さんと入ったことのあるショットバーに入る。

まずは500mlのハートランドビールを一本。
次にオールドパーをダブルのストレートで一杯。
次に山崎をやっぱりダブルのストレートで一杯。


飲もう。
こんな時は飲もう。

それは現実逃避の手段であり、
一番私の心に優しい手段だった。

お酒のくれる浮遊感が、ぐちゃぐちゃに混乱した心を緩めてくれる。

もう一杯、山崎をもらい、ショットバーはそこで締めにした。

この作品のキーワード
大人の恋  上司  部下  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。